永田カビさんのpixiv漫画も思わず唸ってしまう

スポンサーリンク

この人の作品は、自己肯定感が低い人にとって気付きの宝庫ですよ。
タイトルが「一人交換日記」で、これ以上目を引くタイトルは
無いってくらい全力ぶちかましてます。

キャプチャすると怒られるのでしょうけど、
もうちょっとそこは緩和させてもらえないでしょうか。
これが埋もれるのはあまりにも惜しい。
というか、審査制とか適切な課金で可能にするとか、
もうちょっとやることあるでしょう。

私は、日本人は全員読めって勢いでお薦めします。

先日書いた永田カビさんの漫画の紹介記事

そして見つけた、自己肯定感に関する奇跡の良書 #永田カビ
自己肯定感が低くなる理由と、 自己肯定感が低い人の思考がとてもよく分かる一冊。 そして、きっかけは親であるけれど、その後は ...

pixiv漫画をインストールすると読めます

WEBサイトからも少し探してみましたが、さっぱり分かりませんでした。
このアプリは今のところ無料でいろいろ読めていますので、
課金が心配な方でも大丈夫かなと思います。

スマホやタブレットからどうぞ。
アフィもありません。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.pxv.android.manga&hl=ja

パソコンからでも読めました(8/23追加)

永田さんのPixivアカウントはこちら
https://comic.pixiv.net/works/2308
http://www.pixiv.net/member.php?id=5555263

永田カビ「一人交換日記」pixivコミック
https://comic.pixiv.net/works/2308

#9/10 アドレスを間違っていたので修正しました

負の連鎖が本当によく分かる3コマ

kabi_001

父->母->子の流れ。
子が家庭の精神的な負債を全て背負う黄金パターン。
おそらく団塊世代のそれなりの数の日本の家庭に見られる負の連鎖。

永田カビさんは心のブレーキが母親の形をしていると書いていましたが、
実は母も父から精神的虐待を受けていただけというありふれた光景です。
これがありふれていること自体、世の中狂いすぎですが。

私はこれに家系の精神的な負債も全部背負っていたので、
もうその重さたるや酷いものでした。

そして次のページが極めつけ

kabi_002

ここの「許せない」という気持ちは本当に良くわかります。
私も何回味わったか、もう覚えていません。
他の記事で割と軽くなってきたよとか書いていますが、
このページは、このページだけは、もう見ていられません。

こういう人は何も見ようとせず、自分のことが自分のことだけが全て。
誰がどんな事を言っても何一つ通じません。
「話せば分かる」なんて幻想の極みです。

私自身は意思疎通に相当骨を折るタイプですけれど、
それでも心が折れました。

pixiv漫画は婚活漫画が面白いです

数は少ないですが面白いですね。

pixiv_2016-0725

男性の4割が年収300万以下とか、ちゃんと書いてあったり。
最近はこういうノンフィクション漫画の方が面白いのかも。

関連記事はこちらから

「永田カビ」さんの関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=永田カビ

カテゴリ「自己肯定感」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/self-affirmation

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

『永田カビさんのpixiv漫画も思わず唸ってしまう』へのコメント

  1. 名前:小平忠利 投稿日:2016/07/26(火) 09:56:57 ID:26f24351e 返信

    思い返すと私も中学の時母親から
    「〇〇(私)は居ない方がよい」
    何度も言われましたが気が小さく
    反抗も出来ず我慢の毎日でした。

    今も同居してまますが血の繋がりは残酷ですね。

    • 名前:purepure 投稿日:2016/07/26(火) 13:10:03 ID:fe031cac7

      コメント有難うございます。

      同じような経験をされている方は意外と多いと思うのですが、
      自傷行為にまで発展してるから酷いとか、
      そんな記憶もないし普通に生活できてるから問題ないとか、
      そういう括りで判断できないところが難しいなと思います。
      自覚のない方ほど無意識に周りを貶めていくのがやり切れないです。

      今の日本は未だある程度余裕が残っていますから耐えられている方も
      多いのでしょうが、あと10年20年経過して、本当に余裕がなくなって
      しまった時にどうなるのか、それはあまり考えたくないなと思って
      しまいます。

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>