岩男潤子最大の名曲「kimochi」より「ここにいるよ」

スポンサーリンク

岩男潤子の旋律に谷山浩子の歌詞を添えた名曲。
私を10年近く支え続けた曲でもあります。

岩男潤子の音源の紹介記事を書こうと思って挫折したので切り出しました。
もう何度挫折したか覚えていません。
数が多いのでどうしても綺麗にまとめられなくて。

アニメ・ゲーム系優秀録音をお探しなら

岩男潤子は絶対に抑えておきましょう。
岩男潤子が現役の頃も知っている方はかなり少なかったのですが、
今となってはこっち関係の優秀録音を探している人でさえ知らない有り様で。

1st、はじめまして
2nd、Entrance
3rd、kimochi

この3つのアルバムがあれば岩男潤子の9割は抑えられます。
気に入ったら残りを拾っていけばいいでしょう。

80年代アイドルの雰囲気の1st、
オーディオ的優秀さと高い音楽性を兼ね揃えた2nd、
谷山浩子の世界観が問題ないなら是非とも押さえておきたい3rdとなります。

41UpnZtkOpL._SL500_SX466_
はじめまして
発売日:1995/04
価格:¥3,650

Entrance
Entrance
発売日:1996/07
価格:¥4,980

Kimochi
Kimochi
発売日:1997/09
価格:¥1

今は中古なら格安で手に入ります。
2曲目から聴くことをお薦めします。

動画と歌詞はこちら

歌詞はこちらです

この曲を私が解釈すると

ざっと歌詞を追うと、
ここにいるよ、あなたにもらった、
終わらない夜はどこにもない、きっと負けない、と、
聞き手を励ます曲に見えるのですが、この曲はそうじゃないんですよ。
私と他の方との感覚の違いもこれと似たような感じなのですが。

私に一番響いたのは最後のフレーズで。

あなたが 生きている
それが 誰かを いつも
あたため 照らしてる
それを 忘れないで ・・・

自己肯定感の低い人は自分に価値が無いと思っています。
この曲はそうじゃないって言ってるんですよ。

きっと明るくなるから、とか、そばに居てあげるよ、じゃないんです。
「どんな人でも誰かを照らす灯りになってるから」って言っています。
なるよ、じゃないんです。もうなっているんです。

ここが、普通と意識の向きが真逆なところです。
最近、私は真逆ってフレーズをよく使っていますけど、まさにそれです。

一人の人間を10年支えることが出来るほど、この曲は凄い曲です。
もう聞きすぎて自分の中のハードルが高くなりまくっていて、
よっぽど凄い鳴り方をした時じゃないと再生しなくなっていますが。

記憶の中の再生音の方が響いてしまうんですよ。

ちなみに、今回の歌詞の解釈は今日やりました

私にとって歌詞ってそれほど重要ではなくて。
紡がれる言葉と言霊と想いと旋律と、それが私にとってほとんど全て。
でも、こうやって歌詞を解釈すると、
必ず大事なところに歌い手の気持ちが強く入っているんですよね。

私はこういう聴き方をするので理屈は不要と言っている訳ですが、
この感じを分かって頂ければ幸いです。
まだまだ私の言葉が足りない気もしますけど。

音質も最上級です

オーディオ的指標だと斎藤ネコ大先生プロデュースの
「18番街の奇跡」「空のオカリナ」「Entrance」などの方が
上かなと思うのですが、絶対的な質感の良さや総合力を
加味すると、私はこちらの方が上だと思っています。

アナログ的な音質のよさを持ち、アコースティック楽器のよさを
これほど綺麗にまとめ上げている音源は最近絶無です。

なお、岩男潤子の優秀録音でたまに話題になる「CANARY」は、
私の中で圧倒的に最下位の音源です。(曲は悪くないだけに勿体無い)
あれはオーディオマニアが好む悪い音源の典型例で、
私は今の今まで、アルバムを通しで聞けたことがありません。

潤子さんの曲で純粋に音質的な最下位は超光速グランドールの
主題歌だと思いますが、私はこの曲より聞いていないです。
ちなみに超光速グランドールの方も大変いい曲なのですが、
やっぱり知られていません。

私はどこにいってもマイナー一直線です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>