そして見つけた、自己肯定感に関する奇跡の良書 #永田カビ

スポンサーリンク

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

自己肯定感が低くなる理由と、
自己肯定感が低い人の思考がとてもよく分かる一冊。
そして、きっかけは親であるけれど、その後は
自分が自分を苦しめ続けているということも分かる奇跡の良書です。

自分の内面をむき出しにしないと書けない内容です

P.56の自己分析なんて、もう素晴らしすぎます。
鳥肌が立ちました。
永田さんの考え方の展開はとても大切なので、
自己肯定感で苦しんでいる方は何度も読むことをお薦めします。

ここまでむき出しにして書くのは大変だったでしょう。
だからこそ、これだけのことが書けたのだと思います。
他の自己肯定感に関連する書籍と一線を画す出来で、
私も初めてまともに書かれている本を見つけましたよ。

生き辛さを感じているすべての年代の人にお薦めします。
小学生でも全く問題無いです。

親不孝が怖くて
自分の人生が
生きられるか!

そうそう、もっと言ってやれ。

pixivでも少し見れます

永田カビ
http://www.pixiv.net/member.php?id=5555263

本当にいい部分は書籍じゃないと読めないですが、
pixivでしか読めない大事なこともあります。
ただし、こちらはR-18カテゴリになります。

苦しみの根源とブレーキの正体
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=51537906
これを見て魂が震えれば、きっといい方向に変わります。

日本で親から子へと脈々と受け継がれている自己肯定感を低くする考え方。
そろそろ終わりにしませんか?

この本を読んだ後なら、私の書いたことも少しは伝わるかな

私の場合「辛いのを分かってほしい」という気持ちは弱く、
どうしたら状況を変えられるかという点ばかり考えていたので、
一般的な自己肯定感が低い方に共通する、
とにかく同意してもらいたい、認めてほしい気持ちの強い方に
私の文章は響かないかなーと思っていました。

私の場合、認めてほしいという気持ちよりも、
「ここまで酷い状態になっているのに、それすら無視するのか」
という気持ちは常に有りました。

この本のP.18にも同じ事が書いてあります。
人は自分の認めたくないものから徹底的に目を逸らす傾向があります。
私はそれを数千回という単位で経験しましたが、
この事実に気づいたのはつい1、2ヶ月ほど前です。
自分がポンコツだなーと思わずにはいられないですね。

私の場合、その経験を元に「相手側の認識が狂っている」という
仮定を立てることができて、一気に状況が好転しました。
私の身体が回復したのは100%鍼灸のおかげですが、
思考の転換は回復速度の向上に大きな役割を果たしています。

この人を小馬鹿にするような人には一生わからない

他人の痛みを想像できるようになるには、
同レベルの痛みを経験しない限りおそらく不可能です。
どんなに「痛いのを分かってよ」と思っても、その想いは叶いません。
理解できない人だから、貴方をそこまで追い詰めても
平然としているのですから。

抜け出すには、永田さんがされたように自分の気持ちを
最優先させる必要があります。
人の顔色を伺っている限り、抜け出すことは難しいです。
できないと言っている場合じゃないです。
やらないと延々と苦しい状態が続き、
この世で一番大事な自分の時間を失い続けるだけです。

損をするのは自分です。
人を恨んでる場合じゃありませんし、
自分より弱いものをいじめて憂さ晴らししてる場合でもありません。

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
発売日:2016/06/17
価格:¥999

関連記事はこちらから

「永田カビ」さんの関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/?s=永田カビ

カテゴリ「自己肯定感」の関連記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/self-affirmation

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

『そして見つけた、自己肯定感に関する奇跡の良書 #永田カビ』へのコメント

  1. 名前:がんばってるのでがんばってと言わないでほしい 投稿日:2016/08/23(火) 01:44:53 ID:3dd85273f 返信

    私もこの人の作品がとても好きです
    この種の辛さを経験している人のニオイはすぐ分かりますし、そうではない人もすぐわかります
    私も色々調べたので、ご存知かと思いますが参考までに列挙致します とりとめがない箇条書きになりますが。

    障害は不幸ではなく不便 ヘレンケラー
    障害を持っている人の立場をよく表現していると思う
    お前が消えて喜ぶ ものにお前のオールを任せるな 舟歌
    この種の人たちの優しさがよく出ていると思う 自分よりも他人を大事にしている

    愛されて育っていない人は辛さに耐える能力がないのに普通の人以上に負担の多い人生になる 能力がないのに頑張るだけで生きてきた だから 生まれてから辛いことばっかりだったなーと思うときに悲しさがこみ上げてくる 人生につかれた人へ その三 youtube
    納得した

    辛いことのほうが多いけど、たとえば他人に理解されないことや生きているだけで辛いことや他の人には当然に与えられているものが与えられていなかったり けどそれ故に私達だけが獲得しているものもあると私は思う 
    以下列挙
    弱さゆえの向上心 フルーツバスケット
    謙遜さ そこからくる純粋な力
    何を話しても伝わらない人もいるけど 何も話さなくても伝わる人もいる 星は歌う
    他の人の気持ち 私の場合は他の人のマイナスの感情例えば悲しい辛いなど にすごく敏感 予言するレベル

    私はこの作者を応援するしこの人の考えをもっと知りたい

    • 名前:purepure 投稿日:2016/08/23(火) 07:43:21 ID:18cc5a35b

      コメントありがとうございます。

      改めて振り返ってみたのですが、仰るように自己肯定感に
      傷が付いている人を私も見分けることができていました。
      だから無意識にそういう人ばかり見てしまっていたのかもしれません。

      永田さんの作品で心が救われる方は多いでしょうが、
      暗闇から抜け出せるかどうかは別で、そこが難しいなと感じています。

      一方で私は暗闇からの抜け出し方ばかりを書いていますから、
      そんなことより今傷ついている私の心を救ってよという方に
      私の記事は届かないだろうなという自覚はありました。
      私の戦術は誰よりも愚直に誰よりもまっすぐ進む戦法なので、
      確実に抜け出せるが故に大変なのもまた事実です。
      私のように一時的にさらに厳しい状態に追い込まれることもあるでしょう。

      人はどうしても楽な方に逃げてしまう傾向があります。
      自分は自分で救わないといけないのですから、
      救われたいと思っている方ほど困難な境遇に追いやられます。

      永田さんの漫画を読んで心の傷を軽くして、
      そのあとに私の記事を読んで頂いて、
      自分を苦しめる常識と戦うことを、
      いざ覚悟を決めて前に進もうと、そう思って頂けると嬉しいのですが。

      楽な抜け出し方はない、それが30年以上戦い続けた私の出した結論です。
      自己肯定感の低い人が一人でも多く救われることを私も願っています。

    • 名前:purepure 投稿日:2016/08/24(水) 01:01:14 ID:351e2253c

      ちょうどいいタイミングで重要な記事が1つ
      生まれましたので、よろしかったらご覧ください。
      暗闇からの抜け出し方についての記述があります。

      もしも誰かを救うなら by #ラブホの上野さん
      http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/4236

      上野さんほど核心をついた指摘をされている方は
      他にいらっしゃらないと思います。厳しい指摘なので
      読むのは大変ですがそれだけの価値があります。

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>