「頭では分かってる」という言葉に隠れているもの

スポンサーリンク

ちょっと書きたくなってざっと検索してみたら結構ありますね。
「頭で分かってても心がついてこない」
という表現が多かったように見えました。

で、大方のサイトで書かれているように、
私が言いたかったのも、
「そんな言葉が出てくる時点で何も分かっていないだけだよ」
って事なのですが、ここから先、他のサイトと違う内容が
書けるかどうか、問題はそこですよね。

私の他の記事と同様に、全部私の言葉で書いていきます。

本当に分かっているとどうなるか

思っていることと言動が一致します。
分かっていないから一致しないんです。

分かるというのは「理屈的に正しいと思える、理解できる」
ということではありません。
心の底からそうしないとダメなんだと思い、
そこから行動に移したものを「分かる」って言うんです。
私はそれを意識的に伝えるために「腑に落ちる」という言葉で表現しています。

だから、現時点でできていなくても、
分かっていればいずれできるようになります。
いつまで経ってもできないということは、
全然分かっていないんです、自分の心が

例を一つ挙げておきます

「痩せた方がいいと頭では分かっているけどできない」
これが分かりやすいかなと思いまして。

私が指摘する「分かっていない」というのは、
痩せた方がいいということに対して掛かるのではなく、
頑張ってまで痩せる気持ちになれない自分の心を分かっていない、
と言っています。

例えば、自分に価値が無いと思っていたら、いくら周りが痩せたら
いいよって言ったところで、痩せたいなんて思えないんですよ。
そういう方はまず痩せたいと思えない原因を、
なぜ「自分に価値が無い」と思っているかを、
この部分について自分の気持ちと戦わないといけなくて。

戦って、自分を大切にできる気持ちが出てきたら、
着飾ることも大事なんだってことが自ずとわかってきますから、
その時に痩せる努力をすればいいんです。
そういう人は痩せる努力に意味があることが「分かって」いますから、
ほどなくしてその目標は簡単に達成できます。

目を向けるべき場所の順番を間違えると、脱出するのが遅くなります。

「心がついてこない」という心理は、私には難しい

思っていることと言動を一致させないと心にダメージが蓄積されます。
それで崩壊している方は、一杯いらっしゃいますよね。

私が過去に受けていたダメージでそれをやった場合、
小学生の段階で耐えられずに折れていたでしょう。
ということは、私にその選択肢は選べなかったんですよ。

では、私はどうやっていたか。

私は、一般常識と戦って戦って戦い続けることを選択しました。
そして、自分に対して嘘をつくこともしませんでした。
周りに対しても嘘はつかないようにしていましたが、
そればかりは受け手の見方に左右されるので何とも言えません。
私に対して親の敵みたいな態度をとる方が滅茶苦茶多かったですから。

私の戦いとは、

一般常識
「・・・することが正しい、しなくちゃいけない」

こういう考え方一つ一つに対して本当に正しいのだろうかと
試行錯誤してきたってことです。
その結果、そういう一般常識の大半が間違っていました。

嘘に踊らされ、自分を苦しめてるだけだったんですよ。

変えるべきポイントはもっと別のところ

人間ですから、好きなものや嫌いなものはあって当然ですが、
どうしてもやらないといけないものなら好きになってやったほうが得です。
勉強や仕事を好きになれば得だし、掃除だって好きになれば得なんですよ。
私の場合、トイレ掃除を好きになるまではよかったのですが、
まさか小学四年から高校三年まで、毎年トイレ掃除をすることに
なるとは思っていませんでしたけどさ。

他人のアドバイスを聞くことも重要ですが、
自分で選択した結果を覚悟して受け取ることはもっと重要です。
抜け出せない暗闇に嵌っている人は、どちらもできていないように見えます。

行動しなければ、行動しなかった結果を、
変えようとしなければ、変えなかった結果を、
逃げれば逃げるほど、逃げるという選択をした結果を、
延々と受け取らないといけません。これは逃げられません。

延々と辛くなり続ける人は、根底のところがみんな同じです。
自分に嘘をついている限り、状況は何も変わりません。

そして、変えなければいけないのは、自分の言動や振る舞いではありません。
そこを変えようとしても、できないから自己肯定感が下がりまくり、
無理をし続けることになるから心に負担を掛けるだけです。

辛いことに目を瞑って思考を停止させること、
一般常識を正しいと思い込むこと、
新聞や雑誌を正しいと思い込むこと、
自分を信用しないこと、
自分の心を凍らせること、
変える必要があるのは、上のような「思考停止させている部分」です。

おそらくこのあたりで悩んでいる方の大半は、
親の価値観が絶対だと思うことを止めれば、相当楽になると思います。
これを止めるのはかなり大変だって分かって書いてますよ?
私が悩み始めてここに気づくのに、30年以上掛かったんですから。

関連記事はこちらから

自己肯定感カテゴリの他の記事はこちら
http://purepure.wp.xdomain.jp/archives/category/self-affirmation

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>