やり直したって後悔するだけなのに。「後悔」と「悔しさ」の違い

スポンサーリンク

ちょっと思うことが色々あったのですが、
いつもの様に全然まとめられない私。
ということで最近気になった内容を箇条書きにしてみました。
年齢的に20台半ばより下向けという感じでしょうか。

なんかこう、安い偽善で取り繕うのを止めて本当のことを言ってやれよと
いつも思う私は間違っているのでしょうか。

箇条書きの内容を時系列順に並べてみると

・アニメが完全に現実逃避のためのものになっている件

 最近の人気の遷移:俺TUEEE -> 異世界で俺TUEEE -> 人生やり直し系
 もう、割と本気で終わってますよね。
 大人が狂ってるだけなのに子どもが悪いと言われるこの矛盾。
 いつの時代もどんな国でも同じなので、未来永劫変わらないのでしょう。

・私はやり直しなんか絶対したくないです。
・やり直ししたいと思っている人がやり直ししても状況なんか変わらないよ?
・「やり直ししたい」ということは、「後悔している」ということ。

「悔しさ」と「後悔」って考え方の向きが正反対という記事でも
書こうかなと思って、下準備でいろいろ検索していたら、

・悔しさの意味がわからないとか言ってる人がいることに衝撃。
・悔しさを本気で感じていない(感情が希薄な)人も増えているらしいことに驚愕。

で、どうしよう内容多すぎて纏められない、という感じです。

纏められないのでポイントだけ軽く書きます。
文字数制限もノルマもないのがブログのいいところです。

やり直しなんて私は絶対にしたくないです

割と酷い生き方をしてる私ですが、
先が見えなかったからここまで踏ん張れた訳で、
先が見えていたら誰がここまで頑張れるのですかと聞きたくなります。

こんな大変な生き方をもう一度やれって言われても絶対やりたくないですが、
人生が巻き戻ったとしたら、きっと同じ選択をすると思います。
その上でもっと必死にやって、治る前に力尽きるのでしょうけど。
薬を一切使わない&身体を冷やさない生活をしていたらどうなるか、
それは試したいかなとは思いますけど。

後悔なんてする余裕が無いくらい必死でやれば
いずれはどうにかなる時が来るかもしれないし、
どうにかならなくても諦めはつくかもしれない。
けれど、そのくらい必死にならないと
今の世の中、生き地獄になるよってだけではないでしょうか。

「後悔」と「悔しさ」の違い

辞書の意味だとさっぱり分からないと思うので私が認識している意味を。

「後悔」:過去の出来事に対して、ああすればよかった
     こうすればよかったと延々と思うこと。
「悔しさ」:思った通りの結果にならなくて残念に思うこと。

ポイントはそれぞれの意味についてではなくて、
「どうしてそういう風に思うか」という点だと思います。

「後悔」は一言で言うと、本気でやってないから「後悔」する訳で。
で、本気でやっていたら「悔しい」という気持ちが強くなる訳で。
本気でやればやるほど「悔しいけど後悔はない」となる訳ですから。

何故か?

全力でやっていなければ、自分の力はこんなもんじゃない、
全力を出せばできていたなどとタラレバを延々と言うことができます。
逆に、全力でやって目的を達成できなければ、
自分には無理だったと心底自覚できるから諦められる訳です。

環境が悪いからできなかったと言う人もいますが、
環境を整えたり変える努力をしていない人がそう言うのだと思います。

本気でやってないから「後悔」して、
本気でやればやるほど「悔しい」けど「後悔」しなくなる訳ですから、
考え方の向きが正反対ですよね。

後悔したくないなら覚悟を決めて前に踏み出すしか無いんですよ。
傷つきたくないとか言ってる場合じゃありません。
あとは以前の記事に詳しくあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>