昨年の私を象徴する曲を思い出しました #KOKIA 光の中に

スポンサーリンク

もう1曲は以前紹介した鬼束ちひろの「声」です。

昨年の私を象徴する曲がどれだったか思い出せない
一曲目は鬼束ちひろ3rdアルバムより「声」なのですが、 もうひとつ、KOKIAの曲で強く響いた曲があったのですが それがどの曲だったか分...

キャラソンアルバムに収録されていた「光の中に」という曲です。
このアルバムは音質がよくないので気づかないのも仕方ないです。
リンクは後日貼る予定です。

曲に共感したというよりは、1つの短文が
そのまま私が思い続けていたことを表していたので、
それで惹きつけられたという印象です。

音質さえ良ければ・・・もう、本当にそれだけが惜しい。

歌詞のリンクはこちら

ブログに歌詞は書けないので、リンク先でご覧ください。

KOKIA outwork collection「p i e c e s」

「信じたいの 選んだこの路 険しくても正しかったと」

これですね。
私には、これ1つが全てでした。

昨年、反応が酷くて痛みが数日続く状態から2ヶ月かけて
回復してきた時、ここの歌詞に強く惹かれるようになって。

正確には、私が思っていたものと同じだったから惹かれたというより、
この歌詞に惹かれる理由を探っていたら、この内容こそが
ずっと私の探していたものだったという事が分かったという流れです。

曲として素晴らしいところはちょっと違っていまして、

「あなたとなら歩いてゆけることを 知っている
 信じたいの 選んだこの路 険しくても正しかったと」

ここの部分の「知っている」という歌詞のところで
KOKIAが歌声に籠めた力の強さを感じながら、
「信じたいの~」と続く流れで気持ちが開放されていく様子が
本当に素晴らしくて。

ですので、その後の
「愛する人と同じ時間を 刻んでゆくの」

という歌詞には何も惹かれるものが無かったりしますけど。

KOKIA outwork collection「p i e c e s」
KOKIA outwork collection「p i e c e s」
発売日:2011/08/24
価格:¥2,363

KOKIAの歌は素晴らしいけど歌えない

自分で歌うと本当に酷いもので。
どうやったらあんなに気持ちを乗せることができるのでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TrackBack URL :
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/////////////////////////////////// // ★Amazon用JavaScript /////////////////////////////////// ?>